水道・光熱費を節約する方法

水道・光熱費を節約するために、グッズを取り入れたり、契約を見直すことでぐっと抑えることが可能です。あまり知られていませんが、電力会社との契約にはいろいろなプランがあるのをご存知でしょうか。

プランはほとんど一定の人が多く、どのような契約をしているか覚えていない人が多数だと思います。多くの人は「従量電灯」という契約をしていて、どの時間に電気を使っても、電気代は一律のプランになっています。

この「従量電灯」を「時間帯割引契約」に変えるだけで、夜10時~朝8時までの電気代を70%前後OFFすることができます。ただしその他の時間帯は30%ほど高くなります。
もし日中に家にいる時間が少ない人は、かなりの節約になります。

次に電気の契約アンペアを下げる方法です。基本料金を20A下げることができれば、年間5000円ほどの節約になります。また待機消費電力をカットすることで、電気代を下げることもできます。省エネタップなどのグッズを利用して使っていないスイッチをOFFにすることができます。

水道代をカットするには、食器を洗うときには流しっぱなしにせずため洗いをしたり、シャワーヘッドを節水タイプのものに変えるだけで水道代・ガス代の大きな節約になります。

今回ご紹介した方法は、簡単で取り入れやすいものばかりです。長期的に続けることで効果が発揮されるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 引越料金も節約したい 引越業者に依頼する際に心配になるのが引越料金ですが、依頼する時期によってかな…
  2. 今や携帯電話は必須のアイテムですが、気になるのが通信費ではないでしょうか。 通信費を節約する為のポ…
  3. 自転車の女性
    近年、エコという言葉が広く一般的に聞かれるようになりました。 地球環境に優しいものを利用しよう、限…
ページ上部へ戻る