食費節約のためになる家庭菜園

家庭菜園

家庭菜園で野菜を自給すれば、食費を大幅に節約することができます。ある程度の広さの庭があれば理想的ですが、狭い土地でもプランター栽培によって収量を増やすことができます。

おすすめなのは繰り返しの収穫が可能な実野菜で、トマトやナスなどがあります。ナスの場合には5月頃に苗を植えてからは、7月頃になると最初の収穫のピークを迎えます。8月の中旬頃には更新剪定をすることで、9月以降には秋ナスを収穫できます。

薬味として多用するネギや紫蘇も家庭菜園で栽培すれば、わずかな出費で驚くほど多く収穫できます。ネギは土作りをしっかりとしていれば順調に育つもので、初心者でも育てやすいことも魅力です。

紫蘇を育てるためには肥料を必要としませんから、太陽光がしっかりと当たる場所で種まきをすれば葉も大きくなります。毎日のように使う薬味の野菜も自給できれば、食費の節約のために役立ちます。

大地や太陽が与えてくれるのが、家庭菜園の恵みであります。野菜作りの楽しみは、哲学者の道にも通じるものです。土に触れるだけで大地の恵みを直接に感じて、栽培の技術も高めることができます。日頃から栽培日誌をつけることで、天候に順応する栽培法も確立することができます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 引越料金も節約したい 引越業者に依頼する際に心配になるのが引越料金ですが、依頼する時期によってかな…
  2. 今や携帯電話は必須のアイテムですが、気になるのが通信費ではないでしょうか。 通信費を節約する為のポ…
  3. 自転車の女性
    近年、エコという言葉が広く一般的に聞かれるようになりました。 地球環境に優しいものを利用しよう、限…
ページ上部へ戻る